* 数字をクリックすると他の作品のページへ移動できます。
村の口
1999年作。 8号 (46×38cm)     Zarza de Montánchez 村  (Cáceres 県)  

サルサ・デ・モンタンチェスはエストレマドゥーラ Extremadura 地方の小さな集落ながら中世の頃から村として認められていた。ということは、教会に税金を納めていた。その証として村の正面入口には十字架の石塔を建てた。何人も、村に入るには、この石塔前で礼拝しなければならなかった。中世の足枷か。
* 数字をクリックすると他の作品のページへ移動できます。