前のページ

次のページ

趣味&スポーツ
中学(旧制度)の合格発表があった日、両親から「これからは何ごとも自分の判断で実行しなさい。間違ったらやり直せばよい」と宣言され自分の好きなことがやれるようになった。しかしやりたい趣味もひとつだけこなしていると一生のあいだにそう多くは挑戦できない。そこで開始時期をずらして常に2本立てでやることに決め、10年取り組んでみてだめだったらあきらめることにした。主な趣味をひろい出せば次のようなものです。
りょう(漁/猟)
釣りには父親におんぶされて行ったようで、小学校入学前は鯉釣り専門。8畳ほどの池の底が見えないほど釣り集めたかな。中学校時代にはテンカラ用毛ばりから釣竿まで自分で作りアマゴとイワナだけに挑戦。磯釣りはもっぱら熊野の磯。キジ・山鳥猟など、これでは確実に極楽入りは無理。
乗  馬
敗戦直後、旧軍の隊長の愛馬とかを払い下げてもらったのがきっかけ。馬の内股に汗がにじむまで走らせるとだいたい2時間を要した。これを週1~2回乗りこなした。自己流ながら曲乗り以外は可。思い出としては、その馬は常に先頭を走った隊長用だったため、道路でバスなどがくるとその前に入り込んでぜったいに道を譲らなかったこと。
尺  八
登山流を習ってみたが、だんだんと進んで尺八の音符を洋符にせよといわれて止めてしまった。洋符は宮田バンドのハーモニカぐらい。聴く方はジャズと8ビートが大好き。
ライフル射撃
動のスポーツに対し静のスポーツとしてシューティングをやったが、精神の粗雑さか視力不足のためか、常に満点の90%前後でだめだった。団体の審判員や高校総体の事務局長などでお手伝いはしたが。
水  泳
三重県立津高等学校の水泳部顧問をやっていたとき、うちの選手が平400mに出場。他校生より一往復ちかく遅れ、溺れもしないでゴールした。と同時に、こちらに向かって「タイムはどうでした?!!」と大声を張り上げて満場の拍手を受けた。そんな高校の水泳部員よりは早く泳げる自信はある。こどもの頃、下呂へ来ていたかの有名なマエバタヒデコ女史に少し手ほどきしてもらったおかげか。スペインで所属している地元クラブでも記録はまだ保持しているが、元来は長距離が好きで海で15kmまでは泳いだ。
テニス
かれこれ通算30年ほど。いまは画業で不動の物体をみつめてばかりいるので、動くボールを追って眼球に活力を与えるのが目的になってしまった。シングルだけで年間90時間ほどかな。いまだにパワーテニスをやりたくてひんしゅくを買っている。
スキー
中学生時代、乗鞍岳から高山盆地まで同級生とふたりで滑り降りたが学生の頃は中断。仕事をもってから復活させ、スペインではピレネー山脈中のゲレンデで一週間滑りまくることが年中行事。ほかは近場のスキー場で気晴らし程度。カービングをはいているが、一昨年大転倒して100m以上も流され以後自重。2~4kmを1日10本ほどやって膝の笑う前にあがる。
その他
野球は高校野球の顧問兼監督歴10年。料理は学生時代に仕出屋に下宿していたので教わって、マグロは無理だがブリ・カツオ程度まではさばける。和食料理。 賭け事と大きな球、刺繍・編み物以外には一通り手を出してみた。「お日さんの出ているあいだは外で遊べ。勉強は夜やればよい」のしつけで育っているものだからスポーツが好きになった。これから挑戦したいものはハングライダーだ。年毎に筋肉がおちてゆくのが気がかりだが……。
前のページ

次のページ